ロゴ

葬儀の種類や納骨堂の選び方のポイント・メリットを紹介

HOME>アーカイブ>多様化する葬儀の種類や納骨についてチェックしよう

多様化する葬儀の種類

葬儀には一般的によく執り行われている一般葬がありますが、最近では様々な形式の葬儀も増えてきました。落ち着いた雰囲気で故人を見送りたい、本当に大切な人だけに見送られたいなど、多様化するニーズに合わせた葬儀の種類をリストアップしてみました。

葬儀の種類をチェック

  • 一般葬
  • 家族葬
  • 直葬
  • 自由葬
  • 密葬
  • 生前葬

需要が高まる納骨堂

葬儀の多様化に伴って、遺骨を保管する概念にも変化があります。従来なら先祖代々伝わるお墓に納骨することが一般的でしたが、最近は納骨堂を利用する人も増えてきました。では、納骨堂を選ぶ時の要点を見ていきましょう。

納骨度を選ぶ時のチェックポイント

葬式

立地

納骨度は、お参りがしやすいように立地の良い場所を選ぶとよいでしょう。その際に、交通アクセスや駅・バス停からの距離なども実際に確認をしておくことが大切です。高齢の方でも利用しやすいよう、お寺の施設環境もチェックしておきましょう。

費用

納骨堂を利用するのに必要な費用は、一般的な目安として50万円前後となっています。また、納骨堂によっては年間での管理維持費が必要となる場合がありますので、その費用や、設備なども把握しましょう。

運営主体について

納骨堂は長く利用していく場所なので、お寺の住職や、納骨堂の利用する際の代行業者の対応もポイントとなります。遺骨を大切に扱ってもらえるように、管理方法についてもきちんと説明をしてくれると、安心して利用することができます。

多様化する葬儀の種類や納骨についてチェックしよう

線香

納骨堂のメリット

納骨堂の最大の特徴は、遺骨の管理がしやすいという点です。お墓の場合、継承していかなくてはいけないので、子や孫にも負担をかけてしまう可能性があります。また、お墓に比べてコストをぐっと抑えることができます。