ロゴ

葬儀の形式に対応している専門業者なら安心して任せられる

>Column>地元に特化した葬儀者なら大船に乗った気持ちでいられる

地元に特化した葬儀者なら大船に乗った気持ちでいられる

数珠

独自の風習が残っている

金沢市内でも地域によって風習や特徴は大きく異なりますが、浄土真宗の人が多い地域なので、比較的お寺で葬儀が営まれることが多いといいます。地域によっては行わないところもありますが、読経の後にご詠歌を歌い、亡くなった方の冥福を祈る風習が現在でも少なくありません。また、金沢市内では仮通夜を親族だけで行い、その後お寺か会場を借りて一般参列者向けの葬儀一般を執り行う場合もあります。なお、墓地に埋葬するだけでなく、遺骨の半分をお寺に納める風習が強く残っているのも、金沢市内ならではの特徴といえるでしょう。地域ごとに風習はありますが、平均的に金沢市周辺では葬儀に関する費用は全国よりも高めで、大切な行事とみなしていることがわかります。

葬式

全国とは違うから

金沢市で葬儀を出す場合、地元の風習に詳しい人や葬儀社に相談することが一番親類・遺族にとっていいやり方でしょう。地域によっては家族総出済ませる地域もありますが、葬儀を大切と考えている人が多いのが金沢市周辺の風習である為、風習を守る場合には必ず相談してください。また、金沢市内周辺では喪主が白装束を身に着けて最上に行くことが一般的と考えられている為、前もって準備してください。もしなければ、葬儀業者に相談し、必要なものがどこで打っているのか確認しておくことが必要といわれています。遺族・親族ではなく参列する場合、香典を出す袋には「ご霊前」と書いて出すことで、相手に対して哀悼の意を伝え、失礼にならない参列ができるでしょう。