ロゴ

納骨堂の一風変わったサービスが話題となっている

HOME>レポート>ロッカーのような納骨堂《たくさんの人が利用可能》

ロッカーのような納骨堂《たくさんの人が利用可能》

仏壇

種類を確認する

近年、葬儀の形態の変化は非常に著しくなっていますが、これは人が亡くなった際のお葬式だけではありません。ご遺体を荼毘に付し、日にちごとの法要が行われた後には納骨という儀式が待っています。以前は、仏教においては先祖代々の墓という言葉は常識だとされてきましたが、最近は菩提寺を持たない人も増えています。核家族化などを背景として、将来の自分のお墓を守ってくれる人がいないという不安を抱えている人も少なくはありません。そんな状況の中、永代供養や納骨堂といった言葉をよく耳にし、利用者も多くなってきました。納骨堂は、個人個人や夫婦など様々な単位でご遺骨を納めることができる納骨スペースのことをいいます。ここでの納骨を検討する際には、まず種類を確認しておく必要があります。ロッカー式、自動搬送式など様々な形があり、費用もそれによって異なるので、選ぶ際には基準となることを覚えておく必要があるでしょう。

合掌

運営母体はそれぞれ違う

様々な種類がある納骨堂ですが、それに加えて運営母体となるところも様々だということも知っておくと良いかもしれません。大きく分けると寺院が運営するもの、全国の自治体が運営する公共のもの、財団法人や社団法人、宗教法人が運営する民営のものです。寺院の場合は檀家ではないといけないのではないかと考える人も多くいますが、納骨堂の場合はその必要はないようです。納骨堂は墓地が不足していると言われる都市部により多くあります。そのため、中には応募条件を設定しているところや、場合によっては抽選になっているところもあるので、事前の確認が大切になるでしょう。お墓を持たないという点で永代供養墓と同様に考えられる向きもありますが、納骨堂のご遺体の安置は永代供養墓とは違います。基本的に複数の人たちのご遺骨をひとつのお墓に埋葬するのが永代供養墓、個別の埋葬が納骨堂です。